三重県下で地域に喜ばれる薬局展開を目指す「村田薬局・第一調剤」

本 峰晟
摂南大学 平成14年3月卒
● 村田調剤を志望した理由は?
調剤薬局を取り巻く環境は、変化のスピードが早く、その変化への臨機応変な対応が求められる業界ですが、村田調剤薬局は幅広く地域に根差した薬局運営を展開していたことが1つの理由です。 また、私が社長と初めて会ったのは、大阪エリアにこれから初出店し、業績次第で会社の風向きも大きく変わりそうなときでした。そのような中、社長の前向きな姿勢や企業方針に共感し、また、社長がもつ経営のノウハウを身近に接し、自分の力がどこまで通用し活かせるものなのか、その知識・技能を習得したく思い、入社を決めました。 さらに、配属先が大阪市内なので、通勤時間が短くなり、その分、家庭での時間も以前より増え、プライベートとの両立が図れるということも、入社を後押しするポイントになりました。
● 特に気をつけている点、またはやりがいは?
患者さまの立場に立って不安や要望をお聴ききした上で、何を望んでおられるのかを考え、それぞれにあったアドバイスをすることを大切にしています。 また、患者さまが笑顔で帰られる姿をたくさん見ることができるよう、頑張っています。

森 洵
徳島文理大学 平成20年3月卒
● 村田調剤を志望した理由は?
地元である、伊勢志摩地方に複数店舗があり、様々な処方が勉強できると思ったからです。
● 特に気をつけている点、またはやりがいは?
患者さまに「ありがとう」という言葉を頂いた時です。患者さまは薬剤師を信頼して、薬剤師が説明した通りお薬を服用されます。処方箋やお薬手帳での徹底した確認、患者さまから不安や悩みの聞き取り、時には医師への問い合わせを行い、お薬を提供します。大変ですが、患者さまが笑顔で帰られると、力になれてよかったと、大変やりがいを感じます。



事業紹介会社概要店舗一覧社員の声採用情報HOME
  copyright©2004 MURATA PHARMACY. All rights reserved.